眉毛を早く生やす方法教えます

眉毛を整えるとき、失敗をした経験はありませんか?

細眉にしようと切り過ぎor剃り過ぎて眉毛が青くなってしまったとき、ちょっと恥ずかしいですよね。かといってあまりに濃くてフサフサした眉毛だと、清潔感に欠けてしまいます。

美容師さんなどプロの人に頼むのが1番理想的ですが、時間やお金をかけたくないという理由から自分で眉毛を整えようとする人は少なくありません。

失敗した眉毛をできるだけ早く元通りにするための方法をご紹介していきます。

まず最初に…眉毛はどうして・どうやって生えているのか?

眉毛の手入れを失敗したとき、やっぱり最も気になるのは「いつ頃生えてくるのか?」ですよね。

メイクや髪型で眉毛を隠すにしても、それをいつまで続けなければならないのかがわからないと何だか憂鬱で不安な気分になってしまいます。

どんな方法で眉毛を伸ばすのを早めるにしても、まずは予備知識が必要です。

 

で・す・が…

 

眉毛が生えてくる仕組みやサイクルについて理解しておきたいところですが、その前に、眉毛が生えるメカニズムに作用して早く眉毛を生やすための美容液のマユライズを紹介しておきます。

 

 

その1.どうして眉毛が生えるのか?

どうして眉毛がその場所にその生え方で存在しているのかを知っていますか?

いちいち剃ったり切ったりして整えるのはなかなか手間がかかることで、「いっそ眉毛なくても良いんじゃない?」と思ったことのある人はいるのではないでしょうか。実際、前髪で眉毛が隠れる人だっていますよね。

しかし、身体の部位には不必要な場所はありません。それは眉毛も同様だったのです。

眉毛がないと、おでこに汗をかいたときにその汗がダイレクトに目の中に入ってしまいます。
他にも埃や紫外線など、外部のあらゆるものから目を守るために眉毛は存在しているのです。

眉毛は目を守るために存在しているので、むやみに抜きすぎたり剃りすぎたりするのは良くありません。

その2.眉毛の生えてくるサイクル

髪の毛や体毛は、生え変わりを繰り返して存在していますよね。それは眉毛だって同じです。

眉毛は、「生えてから成長して抜けていく」といったサイクルを一定の期間で繰り返しています。
個人差はありますが、平均して3か月ほどで生え変わっていきます。

発毛・成長期
毛穴に入り込んでいる眉毛の先端部分には、「毛乳頭」と呼ばれる根っこがあります。
身体から流れてきた栄養分がこの毛乳頭に伝わり、そこから細胞分裂を繰り返しながら徐々に毛が伸びていきます。
成長が止まる
毛がある程度の長さに達すると、細胞分裂がされなくなって成長が止まります。
そして抜け落ちるための準備期間に入り、伸びた毛と毛乳頭が分離していきます。
抜け落ちていく
髪をブラシで梳くときやスキンケアなどで顔を触ったときなど、些細な刺激で眉毛が抜け落ちていきます。
これは、抜けていく眉毛の下で毛乳頭が新たな眉毛を伸ばしていることが理由です。新しい毛が皮膚の下から古い眉毛を押し上げて、伸びきった古い毛が抜けていきます。
毛の成長するスピードは一定ではない

眉毛には「1日に0.18mm伸びる」という基準があります。

しかし、眉毛が成長するスピードは毛の一本一本や季節、それから個人差などによって細かく変わってきます。そのため一概に「どのくらいで生えてくる」とは言えないのが現実です。

毛の一本一本で生え変わるサイクルが違う
毛は一本ずつがそれぞれで異なったサイクルを繰り返しています。何故なら、全ての毛が同じサイクルだと、抜け落ちていくのも長く伸びるのも全て同じタイミングになるからです。
そうなれば「ハゲの時期」と「フサフサの時期」が出来てしまい、バランスが悪い上にちょっと見栄えが良くありません…。
成長するスピードは季節で異なる
例えば夏にはたくさん汗をかくため、自然と毛が早く伸びます。対して冬は、日差しの強い季節と比べて毛の伸びるスピードが遅くなっています。
眉毛をできるだけ早く伸ばすために心がけたい5つのポイント

眉毛をできるだけ早く伸ばすためには、日ごろの生活習慣がポイントになってきます。

意識するだけで、眉毛の生えてきやすい環境をつくることができます。

1.毎日のクレンジング・スキンケアを徹底する

女性ならメイクをしない日の方が少ないと思いますが、クレンジングの際、きちんと化粧品を落とせていますか?

毛穴に化粧品などの汚れが詰まってしまうと、皮膚から眉毛に栄養が行き渡りづらくなって毛の伸びが悪くなってしまいます。
特に眉毛を整えるのを失敗してしまった場合、多くの人がアイブロウなどを使って眉毛を描こうとするでしょう。そうすると、直接眉の毛穴に化粧品が入り込む原因にもなります。

もちろん、気を付ける必要があるのはメイクだけではありません。日焼け止めが詰まることもありますし、スキンケアが上手くできていなければ角栓が毛穴を埋めてしまいます。

眉毛を早く伸ばしたいのなら、手を抜かずにクレンジング・スキンケアを徹底することを心がけましょう。

2.まつ毛美容液・眉毛美容液を塗る

まつ毛を伸ばすのに保湿をするという話を聞いたことはありませんか?この方法、実は眉毛の場合でも効果があるのです!

眉毛も髪の毛などと同様、乾燥がきっかけで傷みが生じます。
傷んだ毛は成長する力が弱くなり、短くなったり上手く生えてこなくなります。

眉毛を保湿するのには育毛剤やワセリンなどが適していますが、中でも群を抜いて効果を発揮するのがまつ毛美容液です!

まつ毛美容液には毛を保湿・保護するだけでなく、毛の成長を促すためのビタミンや栄養が多く含まれていますので、対象がまつ毛でなく眉毛でも十分効果を発揮してくれます。

眉毛専用の美容液もあります。

 

顔の印象を決定づけるのに非常に重要とされる眉毛ですが、実は生まれつき薄い場合で悩んでいる人も少なくありません。

あるいは、以前流行った細眉などで眉毛を整えるために抜いてしまったりカットしたことで生えてこなくなったなど理由は様々。

眉目秀麗という言葉があるように、整った眉毛は初対面の人に印象付けることにおいてもとても大切な役割をしているとされています。

顔の印象の90%は眉毛の印象で決まるという意見もあります。

実は、眉毛を生やすのには様々な方法があるとされているのをご存知でしょうか。

そこで、それぞれの方法における眉毛を生やす効果と副作用をご紹介します。

意外!眉毛を生やす効果があり?【家庭にあるもの】

ワセリンの眉毛を生やす効果と副作用

まず、ワセリンの眉毛を生やす効果と副作用とはどんなことが考えられるのでしょうか。

海外などでもワセリンによって眉毛が生えるという話は聞かれるのですが、実際にどんな成分が効果的で眉毛を生やしているのかについては明らかになっていないとされています。
ワセリンは保湿力に優れていることと、マリリン・モンローがアンチエイジングと保湿のためにワセリンを使用する湯になったところ産毛が濃くなったとされていることから効果があるとされていますが、副作用については、脂分が多いことから油が酸化してしまう原因になることがありますので注意が必要です。
ニベアの眉毛を生やす効果と副作用

 

ワセリンに比べてホホバ油やスクワランなど栄養分が入っていることから少しは効果が期待できるのではと言われています。
副作用としては、脂分が多いためにもともと皮脂分泌が過剰な人が使用することでニキビや吹き出物などができやすくなる可能性があります。

リップバームの眉毛を生やす効果と副作用

 

ワセリンやニベアと同じく保湿効果に優れ栄養分が毛嚢や毛根に働きかけることで生えてくることが期待できると言えますが、副作用としてはメントールや香料など様々なものが配合されており、もともと眉毛に塗るものとして作られたわけではないので、あまりたくさん塗り過ぎてしまうと刺激が強くなる肌が荒れることが考えられます
馬油の眉毛を生やす効果と副作用

 

馬油に含まれる成分には高い抗酸化作用を持ち美容効果のあるオイルで、髪の毛にも効果があることから眉毛にも有効だと言うことから眉毛が生える効果が期待できるとされており、副作用としてはほとんどないとされていますが体質的に合わないこともあるとされています。

ヒマシ油の眉毛を生やす効果と副作用

 

ヒマシ油はキャスターオイルとも呼ばれ抗酸化作用が眉毛の発育を促したんぱく質やビタミン、脂肪酸などが含まれて眉毛を生やすのに非常に有効だとされていますが、副作用として人によっては皮膚反応が起こることがあります。

卵の黄身の眉毛を生やす効果と副作用

 

卵の黄身には豊富なたんぱく質が含まれていることから眉毛の原料であるケラチンはたんぱく質なので効果的だとされています。
副作用については、もともと卵アレルギーを持っている人はアレルギー反応が出る可能性があります。
>>卵を使った眉毛専用美容液の体験談
ココナッツの眉毛を生やす効果と副作用

 

ビタミンEや鉄分のなどの多くの栄養素を含んでいることから眉毛を生やすのに効果的だとされていますが、副作用としては体を冷やす作用があるので寒い季節に使用するのは避けた方が良いと言われています。
アロエの眉毛を生やす効果と副作用

 

潤いを与える作用と毛嚢に栄養素を与えることから眉毛を生やす効果が期待できるとされており、基本的に副作用はないとされていますが過剰に使用することで過去に死亡する例が起きたりもともと冷え性な人は体を冷やしすぎてしまうので気を付けましょう。
牛乳の眉毛を生やす効果と副作用

 

牛乳は多くの栄養分を含み眉毛にも良い発育効果が期待できるとされていますが、副作用については就寝前に行うのが良いとされているので臭いが気になることや乳製品アレルギーの場合には使用するのを控えた方が良いと言えます。

上記にリンパマッサージも加えて効率アップ!

いづれに共通しているのは
保湿が大切という点ですね。

このように、眉毛を生やすのに有効な方法は数多くありますので、まずは自分のできることから始めてみてはいかがでしょうか。
>>眉毛植毛の値段と失敗確率

>>眉毛を生やす薬

>>眉毛専用美容液を使ってみた!
眉毛を生やす食べ物と栄養成分

眉毛が生える為に
必要な栄養素と、その栄養素を含む食べ物をまとめました。

眉毛を生やす栄養成分では 、眉毛だけ特別な体の組織ではなく広く一般的な体毛ですので髪の毛を生やすのと同じ栄養素になります。

亜鉛

亜鉛はあまり聞きなれませんが、元素的には金属です。人間の健康を考える上では大切なミネラルになります。このミネラルは、骨や歯、毛髪、肝臓、皮膚、筋肉、白血球など、全身的に必要不可欠なミネラルです。不足すると髪質が変化してしまいます。
ビタミンB群

次にビタミンB群ですが、特にビタミンB2が不足すると切れ毛、枝毛になりやすくなります。ビタミンB群は必要性の高いビタミンで不足すると、タンパク質、脂肪、炭水化物の代謝に影響します。

眉毛生やす食べ物

 

亜鉛が多く含まれている
牡蠣
煮干し
貝類
豚レバー
牛肩肉
牛ヒレ肉
緑茶
などです。

ただし、
亜鉛の過剰摂取は頭痛、発熱、腎臓機能の低下といった副作用を起こしてしまいます。

また、毛はタンパク質からできていますので、肉や魚、乳製品や豆腐などを摂取することも大切になります。

次にビタミンB2ですが
レバー
牛乳

などに含まれています。

しかし、ビタミンB群は一つだけ大量に摂取してみても効果がありません。

互いに影響しあって機能していますからバランス良く摂取しないと、他のビタミンB群が欠乏してしまいます。

ひとつふたつの栄養素だけを大量摂取するのではなく、バランスの取れた食事を心がけましょう。
>>美容液で眉毛は生えるのか?
外部から塗って効果的!眉毛を生やす成分

眉毛を生やす成分としてよく知られているのがアミノ酸類やグリチルサンK2などです。

特にアミノ酸成分は加水分解卵殻膜に含まれているものが有効とされています。

加水分解卵殻膜って?

 

卵の殻に付着している薄い膜のことを「卵殻膜」といい、「卵殻膜」の分子を細かく分解して水に溶けるようにしたものを加水分解卵殻膜といいます。

加水分解卵殻膜の効果とは傷の治癒を促すほか、育毛、皮膚の再生促進などがあります。

「卵殻膜」に含まれているアミノ酸類の組成成分はヒトの毛髪のものと非常に似ています。

またシスチンやコラーゲン、ヒアルロン酸を含んでいて、ヒトの身体の重要な部分である骨・歯・皮膚のほか毛髪の形成にも有効とされています。

さらに「繊維芽細胞」を刺激してコラーゲンの体内での合成を促す働きもします。

加水分解卵殻膜に含まれる豊富な成分がツヤとコシのある美しい眉毛を作り出します。
>>加水分解卵殻膜配合の眉毛美容液
グリチルサンK2の効果

 

血流の促進がよく知られています。
髪も眉毛も血流が滞ると毛根へ充分な栄養素や酸素が届かず、薄毛や抜け毛、細毛の原因となります。

グリチルサンK2を効果的に取り入れることで、年齢や環境などの変化を敏感に受けて滞りがちな血流・血行を良くし、健康な眉毛が生えやすくなります。

オタネニンジンエキス

眉毛を生やす成分として、さらにオタネニンジンエキスが挙げられます。
オタネニンジンエキスの効果とは代謝促進、血行改善そして保湿などがあります。

どれも健康な眉毛を作り出すことに重要な役割を持っているのでオタネニンジンエキスを上手く取り入れることが推奨されています。
オタネニンジンエキスは漢方でよく知られている高麗人参の別名でもあります。

眉毛を生やすために毛乳頭に作用して栄養が行き渡るためにとても有効な成分です。
またオタネニンジンエキスに含まれているサポニンという成分は毛根の環境を整える働きをします。

ビワ葉エキス

ビワ葉エキスも眉毛を生やす成分の代表として知られています。

ビワ葉エキスの効果は眉毛のハリ・コシアップ、血流促進そしてヘアサイクルの活性化などがあります。

ビワ葉エキスは美容に良いといわれる成分も多く含んでいます。

美容成分により毛根や地肌の環境を整えると眉毛も生えやすくなります。

さらにビワ葉エキスは保湿効果にも優れているので健康な眉毛が生えやすい地肌作りをサポートします。

眉毛が生えやすい成分とされている加水分解卵殻膜やグリチルサンK2、オタネニンジンエキスそしてビワ葉エキスなどを合わせて取り入れることで相互作用も期待できます。

眉毛がより生えやすくするために、それぞれの成分の良さを活かせるように効果的に活用することが大切です。

 

薄眉を自然な眉毛に戻したい!眉毛を早く伸ばす方法は?
流行の太眉メイクのやり方は?

韓国ブームの影響もあって、オルチャンメイクが、流行っていますよね。
そのオルチャンメイクのトレードともいえるのが、太目の平行です。
少し前までは、細いラインが流行っていたものの、
今では、太さ1センチは当たり前の自然な太眉がブームを迎えています。
とはいうものの、細眉が流行していた時に、眉を抜いていたため、まゆげがほとんど残っていない!
また、眉毛を剃っていたのだけど、なかなか伸びてこない!自分のナチュ眉を取り戻したい!なんて方も多いはず。
今回は、そんな方々におすすめの生えてこない眉毛を早く伸ばす方法3つをご紹介しましょう。
眉毛が伸びない原因は?
細眉が流行ったとき、眉毛を抜きすぎたのが生えてこない原因かも?
まずは、眉毛を早く伸ばす方法をご紹介する前に、眉毛がなかなか伸びてこない原因について解説していきましょう。
眉毛を抜きすぎた場合
まず、考えられる一番大きな原因は、自分で眉毛を抜きすぎた場合です。
流行の細眉にすべく、ラインを細くするために、毛抜きで抜いた経験はないでしょうか?
困ったことに、この処理こそが、眉が伸びない原因になってしまうのです。
そもそも、まゆ毛は、毛穴の奥深く、毛根にある毛包細胞で生成されていきます。
当初は、小さな細胞も、毛細血管から栄養を得ながら、分裂を繰り返して眉毛へと育っていくのです。
ところが、まゆ毛を繰り返して抜いてしまうと、その刺激で毛包細胞が破壊されて、毛を伸ばす働きが悪くなってしまいます。時には、毛根部そのものが損傷するため、毛が生えなくなってしまうのです。

ホルモンバランスの変化

次に、眉毛が伸びない原因に上げられるのがホルモンバランスの変化です。
特に、女性の場合は、思春期に一気に大人びた体型になると同時に、女性ホルモンの分泌量も増えていきます。
ところが、20代を境に、女性ホルモンの分泌量はどんどんと下降していきます。
その結果、まゆげを育てる働きが鈍くなり、伸びなくなってしまうのです。
眉毛の毛穴詰まり(クレンジング不足)
また、クレンジング不足も、眉毛が伸びなくなる原因の一つです。
まゆ毛が作られている毛根部は、毛穴から、外部的な汚れが詰まりやすくなっています。
ところが、ファンデーションやアイルをはじめとする化粧用品によって、汚れが蓄積していってしまうのです。
毎日丹念にメイク落としをすれば良いのですが、実際には、目に見えない微粒子レベルの汚れもたまってしまいます。
そして、毛穴が詰まってしまうと、今度は、雑菌などが繁殖して炎症を起こします。
その結果、毛の育ちが悪くなり、伸びにくくなってしまいます。
眉毛が生えてくるまでどのくらいの期間がかかる?
ヘアサイクル(毛周期)のイラスト
ところで、まゆ毛が一度抜けてから、次に生えてくるまでどのくらいの期間がかかるかご存知でしょうか?
まゆ毛のヘアサイクル
体毛には、一般にヘアサイクル(毛周期)というものが存在します。
ヘアサイクルは、休止期、成長期、維持期、退行期、再び休止期というように、循環しています。
休止期はその名の通り、毛が伸びない時期を言います。
また、成長期とは、男性ホルモンの分泌量が増え、毛包細胞の活動が活発化し、毛が育っていく時期を言います。
そして、毛の成長が止まる維持期を迎え、だんだんと抜け落ちていく退行期へと差し掛かるのです。
その後、毛根は少しの間活動を休め、再び成長期へと向かっていくのです。
眉毛の成長速度
では、眉毛のヘアサイクルを一巡して、眉毛の成長速度はどのくらいの速さなのか、ご存知でしょうか?
基本的に、まゆげの成長は、全体毛の中でも遅い部類に含まれています。
美容先進国であるアメリカの専門家による研究によると、1か月に0.4センチほどだとの結果も出ています。
そして、眉毛の全体的な毛周期は2か月ほどと言われています。
どうです?伸びるのも、抜けてから生えてくるのも、とてもゆっくりだと思いませんか?
もしも、眉毛を伸ばす商品があれば、使ってみたい、そんな方も多いのではないでしょうか。
眉毛を早く伸ばす方法3つ
本当に伸びた!眉毛専用美容液の効果が凄い!
それでは、具体的に眉毛を伸ばす方法について3つご紹介しましょう。
食べ物
眉毛を伸ばすためには、栄養バランスの整った食事をとることが大切です。
それとともに、頭部の育毛を促す女性ホルモン類似作用を持つ、大豆イソフラボンを摂取するのも効果的です。
特に、納豆や、豆腐、豆乳などは、日々の食事にも取り入れやすい食べ物です。
また、ワカメやヒジキなどの海藻も、ビタミン類が多く含まれており、毛の成長をサポートする働きがあります。
マッサージによる血行促進
フェイスマッサージも、眉毛を早く伸ばすのに効果があります。
眉毛を伸ばすという目的だと、眉毛付近だけで良い気もしますよね。
しかし、額や目元、頬のあたりなどをまんべんなくマッサージすることで、眉近くの血行が促進され、細胞の働きも活発化します。その結果、まゆげの毛包細胞も働きがよくなり、眉毛の伸びが速くなるのです。
ちなみに、マッサージの強さについてですが、顔部分の肌はとても繊細です。
そのため、指を添えて撫でるくらいの力加減が最適です。
そして、顔の中心部から外側に向かって、そっとなでるようにしてみてくださいね。
眉毛専用美容液
出来ることなら、商品を使っても、早く眉毛を伸ばしたい。
そんな方にお勧めなのが、眉毛専用美容液です。
少し前に、まつげを早く伸ばしたり、太くしたりするまつげ専用美容液がブームになっていましたよね。
2~3か月使ってみて、実際に効果があったという方も多く居ました。
実は、まつげだけでなく、まゆげ専用美容液も誕生したのをご存知でしょうか。
今まで、まゆげの成長スピードの遅さにやきもきしていた方も、専用美容液を使い続けることで、
そのスピードが速くなったとの驚きの声も多数挙がっています。
この美容液、先にご紹介した毛包細胞をケアして、毛の成長を促していきます。
また、生えない場所だけでなく、毛を支えている毛乳頭の働きをサポートして、
毛の成長スピードを速める働きがあります。
だから、眉毛を抜いてしまった人も薄眉に悩んでいる方にもおすすめの商品なんですよ。
眉毛のハリ・コシのなさ、または、細さに悩んでいる方は、1~2か月使ってみてください。
きっと、眉毛の状態が変わってきますよ。